よくある質問 - 詳細

よくあるご質問一般歯科

Questionレモンや炭酸飲料は歯によくない?

Answer

歯には炭酸よりも糖分の方が問題になることが多いです。
どんな食べ物や飲み物でも食事をすると歯の表面のミネラル分が溶け出し、脱灰します。
しかし、しばらくすると唾液の成分中のミネラルで再石灰化を起こします。
酸性の食べ物でも常識的な量であれば神経質になる必要はないとおもいます。
れもんやグレープフルーツの中には健康維持には必要なビタミンなどをたくさん含んでいます。
歯が溶けることを気にするあまり栄養バランスが崩れては元も子もありません。
人は一日1.5Lもの唾液を出しています。
ガス入りのミネラルウォーターも特に歯を溶かしやすいわけではないのですが、注意するべきなのはコーラなどの加糖されたものはリスクが高いといわれています。
またガス入りのミネラルウォーターと甘いお菓子などを食べ合わせた際も口の中では混ざりあうことになり、加糖された飲み物を飲んだのと同じことになることです。
炭酸水も酸性は低いものですので、注意していただけたらと思います。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F