予防歯科

予防歯科(マタニティ)

妊婦さんはホルモンバランスの影響もあり、歯茎がよく腫れます。そのため、定期的なクリーニングが必要となることが多いです。
妊娠中に抜歯をせざるを得なくなるような大きな虫歯をお持ちのかたもいらっしゃいます。
当院では妊娠前、妊娠中、妊娠後と口腔内の環境管理をしっかりとさせていただきます。
元気なお子さまのためにもお母さんのお口の中から取り組んで行きたくおもっております。

妊娠中の歯周病のリスク

一般的に女性は妊娠すると、ホルモンバランスの変化により、歯周病の原因菌が増えやすくなり、お口の中で悪い菌が増加してしまうことがあるのです。それにより、特に妊娠中期~妊娠後期にかけては、妊娠性歯肉炎になってしまう可能性が高まってくるのです。 もし、妊娠性の歯肉炎になってしまうと、歯茎の腫れや出血が多くなってしまいます。

近年の様々な研究の結果によって、歯周病は歯や歯茎だけでなく、身体全体に対して悪影響を及ぼすことが分かってきました。歯周病による炎症が、血液循環を通して身体全体に広がっていくことが原因の一つだとされています。 中でも、妊娠している女性が歯周病になってしまった場合は、低体重児や早産のリスクが高くなってしまうと言われているのです。このような背景があるため、特に妊婦さんにとって歯周病に注意しないといけないのです。

歯周病になってしまった場合、早期低体重児出産のリスクが高まってしまいますが、そのリスクは何とタバコやアルコール、高齢出産の7倍以上になってしまうのです。 歯周病はかかってしまったお母さんだけでなく、これから生まれてくる赤ちゃんにとっても、危険なものなのです。母体・赤ちゃん共にリスクが生まれることを根本的に防ぐためには、そもそも歯周病にならないということを意識していく必要があります。

また日常的な観点から言うと、妊娠中はホルモンバランスの変化により、唾液量の分泌が減る傾向にあります。そうすると口腔内から口臭が発生する原因にもなってしまうのです。 ただでさえ、妊娠中はドライマウスにもなりやすいですが、歯周病になると更に口臭悪化の原因が増えてしまいます。こまめにうがいや水分補給をすることに加え、しっかりと歯磨きを行い、歯や歯茎をきれいな状態に保つことが重要です。

口腔内に磨き残しがあると、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)となってしまい、そのまま放置すると歯石にもなってしまいます。そしてその結果、虫歯や歯周病になってしまうのです。 ですから、定期的に歯科医院に通っていただき口腔内のクリーニングを行っていただくことが大切なのです。

妊娠中の治療について

妊娠中はただでさえ動くのがきつくなります。だからと言って虫歯をそのままにしておくと、後々痛みが出てしまい日常生活においても大きな支障が出てきてしまいます。

特に妊婦さんは出産間近になると移動することも大変になってしまいますから、治療を受けるタイミング自体も十分考えていかないといけません。その中で虫歯や歯周病がひどくならないにように、できるだけ早めの治療をしていくことが重要なのです。 妊婦さんの治療自体はいつ頃が良いかと言うと、安定期に入ったタイミングで受けていただくのがお勧めです。

もし万が一妊娠初期や妊娠後期のタイミングで強い痛みが出てしまった場合は、応急処置をさせていただくこともあります。 また、場合によっては妊娠中に抜歯をせざるを得なくなるような大きな虫歯をお持ちの方もいらっしゃいます。 その際は、どのタイミングで抜歯するのが適切なのかをプロの観点から判断し、治療計画を進めてまいります。当院では妊婦さんの体調も考慮しながら治療を進めていくよう配慮しております。

レントゲンや麻酔の胎児への影響

妊娠中のレントゲン撮影は心配…という方も少なくありません。しかしながらご安心ください。腹部に防護エプロンを着けて行います。そのため胎児が被爆する心配はほとんど無いと言えます。 さらにデジタルレントゲンの場合は、フィルムを使うレントゲンに比べ放射線量が約10分の1程度なので、より安全です。胎児への被爆が心配な方は、デジタルレントゲンについても丁寧にご説明させていただきますので、ご安心ください。

また治療に伴う麻酔についても心配になるという方もいらっしゃいます。麻酔に関しては局部麻酔を行っており、非常に低濃度のものを使用しております。このような配慮から、歯科治療における通常の使用量で、胎児に影響が出ることはないと言えます。

それでもやはりレントゲンや麻酔薬を使う事について抵抗があったり、少しでも心配のある方は、事前に内容のご説明をさせていただきます。 当院は患者様へのカウンセリングを丁寧に行うことを大切にしており、患者様にとって不安の無い状態で治療を進める方針を取っております。

妊娠中の治療をすすめる際の配慮

妊娠中は様々な心配事も出てくるものです。当院では妊娠中の患者様であってもリラックスして治療に臨んでいただけるように取り組んでおりますので、どんな小さなことでもご相談ください。 例えば治療中の体勢についても遠慮せず、無理のない姿勢をお伝えください。また万が一治療中に気分が悪くなってしまった場合は、我慢せずお伝えいただければ一旦治療の手を止めて、患者様の体調を気遣うようにしております。 苦しくないように休憩を入れつつ、治療を行うことも可能です。

妊娠中の歯科治療で大切なポイントは、無理をせず安心な状態で治療を進めることです。当院では妊娠中、妊娠後はもちろん、妊娠前の時点から口腔内の環境管理をしっかりと整えていくためのアドバイスや診断・治療をさせていただきます。 お母さんのお口の中の健康は、生まれてくる赤ちゃんの健康にも影響します。元気なお子様のためにも、お母さんのお口の中から取り組んで行きたく思っております。当院では細心の注意を持って、安心していただけるよう治療に臨んでおります。 妊娠中の治療についても、アキヤマ歯科医院にお任せください。
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F