メタルフリー治療

メタルフリー

当院では、極力金属の被せなどは使用しないように考えております。
臼歯部では、金属のかぶせ物が選択肢となってしまいますが、その理由としては強度が挙げられます。しかし、金属の被せ物を口腔内いれたことによりさまざまなアレルギー反応を体に起こってしまう方もいらっしゃいます。
昔は、セラミックなどは強度弱く臼歯部にいれても割れてしまったりとあまり良い結果が得られませんでした。
しかし、最近ではセラミックも十分な強度のものや鋳造という金属と同じように方流し込む技術セラミックを成形できるようになりました。そのため十分に強い素材ができております。
また、3Dプリンターの技術や口腔内スキャナーなどの発展により、型取りせずに治療することも可能になってきました。このような技術をデジタルデンティストリーといいますが、世の中はドンドン進化しています。
当院でもさまざまな最先端治療を提供していきます。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン
  • エキテン
  • 京都大学医学部附属病院

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F