インプラント

インプラント

インプラント治療とは、入れ歯やブリッジなどとは違い、第三の歯牙とも言われる画期的な治療方法であります。
歯牙を失った部位に人工の歯を植えることでかみ合わせを復活させるのです。
インプラント体の種類にはチタンのものやジルコニアでできたものなど様々なものがあります。1950年代後半に、スウェーデンの解剖学者ブローネンマルク教授がチタンと骨が結合することを発見し臨床応用が重ねられてきました。
インプラントの利点はしっかりと力を入れて噛むことができることです。
入れ歯やブリッジのように健康な歯を削らなくても良いのです。
インプラント治療では、通常2回の外科処置が必要になります。
1回目は骨の中にインプラントを眠らせ、骨との癒合が起こる時期がすぎたときにインプラントの頭出しを2回目の手術で行うのです。
そして、噛めるように頭出しした部分に被せ物を行います。
医科の整形外科領域では人工骨頭の置換術といった手術で、歯牙よりもサイズ的に大きなインプラントを足の骨の中に埋入します。そして機能を回復していますが、口腔内ではもっと小さなインプラントを顎の中に埋入しています。口腔内はこのような整形外科領域とは違い特殊な環境です。整形外科で扱う部位は手術後すべて皮膚の中に埋まってしまいます。これは、感染が起こることはまず少ない環境です。
しかし、口の中は細菌の多い場所であり、歯周病が進むようにインプラントの周囲も掃除を怠ると歯周病になってしまいます。
つまり、歯がなくなった理由は様々ですが、インプラント体を長期間維持させるためには定期的な治療がより一層必要となるのです。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F