入れ歯治療

入れ歯

入れ歯は基本的に取り外しのできる義歯をさします。 入れ歯の問題点はやはり、痛みがあったり、見た目が悪く、食べれないことです。
わたしは、よく入れ歯に悩まれている患者さまには、靴と足の関係をお話しております。つまり、合わない靴を履くと靴擦れを起こしてしまい痛みになります。そうするとすぐに歩けなくなります。 そのような状態で長年使用していると最悪、足の形まで変形してしまいます。(偏平足や外反母趾など)
良い入れ歯とは、噛み心地の良く、痛みの無い(靴擦れを起こさない)ものであります。
当院では、義歯作成にこだわりをもっています。患者さん一人一人にあった義歯を製作させていただきます。
入れ歯にも保険で作れるものから自費で作るものまでいろいろあります。
なにが一番違うかというと、自費の入れ歯では金属を使用することで薄くすることができます。そして、温度や味を感じることができるのです。もちろん保険の入れ歯でも条件がそろえば十分な物ができることもあります。
しかしながら製作過程には大きな差があります。自費の入れ歯は保険の入れ歯にくらべ製作過程がたくさんあります。

入れ歯は食事中など使用しているときには口の中を動きます。
そのため、食事中に入れ歯と粘膜の間に汚れがたまったり、ふとしたときに入れ歯が口から出てくるようなことがあります。(恥ずかしい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか)
そのようなことを気にしておいしいごはんが食べることができるでしょうか。

最近ではインプラントや残っている歯を利用し、マグネットやロケーターといわれる固定する器具を使い、入れ歯を口の中で固定することができるのです。
そうすることで、痛みの少ない入れ歯そして食事の際などに入れ歯が外れるような不安をもたずに楽しい生活を送れるのです。たのしく歌も歌えるようになったという感想もいただきました。

見た目の問題では、部分入れ歯では引っ掛ける鉤歯という部分の金属色を気にされる方が多くいらっしゃいます。
最近では、金属の金具を使用しないノンメタルクラスプデンチャーも誕生しています。柔軟性にすぐれ、患者さまからは見た目も分からず、フィット感が良いといわれています。
昨今さまざまな新しい素材も誕生しており、一度ご相談していただけましたらオーダーメイドでより良い治療計画をご提案させていただきます。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン
  • エキテン
  • 京都大学医学部附属病院

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F