口腔外科

抜歯・外傷・顎関節症・腫瘍

当院では、日本口腔外科学会認定医である院長が対応させていただきます。
親知らず等(埋伏歯や水平埋伏歯を含む)の抜歯やたくさんのお薬を服用されているような有病者の方の抜歯も行っております。親知らずの抜歯で問題になるのは、下顎では顎の中に下歯槽神経という神経が存在し、この神経と親知らずとの距離が近い場合に神経損傷が起こる可能性があります。
上顎では上顎洞という空洞が近くにあります。その空洞と歯が近い場合には抜歯の際に空洞と交通してしまうことがあります。
当院ではCTを完備しているため、その距離を事前に把握し、安心安全な治療をさせていただいております。

お子様が遊んでいて唇を切った、転んで歯がグラグラするなどの外傷に対しても緊急対応させていただきます。
外傷で歯が抜けた際は時間との勝負です。お口の中で抜けた歯を維持していただくか、保存液があれば保存液に浸していただくかもしくは市販の牛乳の中に浸して御来院ください。勤務医時代には当直等で多くの緊急処置を経験しました。その経験を活かし対応させていただきます。

顎関節症といった、顎を開けたり閉めたりする際に耳の近くでポキポキ音がなったり、朝起きると口が開かなくなった、口が開いて閉じなくなった等の症状の方にも対応させていただいております。早急に対応するケースもしばしば見受けられますので受診をおすすめします。
粘液嚢胞といったような唇を間違って噛んだ際にできる水風船のようなできものができた方や口の中のこの白いものや赤いものがあり、腫瘍やがんではないのか?と不安になられている方に対してもしっかりと対応させていただきます。
どうぞ一度ご相談に来院していただけましたらと思います。
勤務医時代に一般の歯科医院で治療が必要といわれ、大学病院等に紹介を受けるも時間等が取れずなかなか行けないということをよく聞いておりました。そのような方にも当院は来ていただけるように準備しております。
もちろん、大学病院での治療が必要なケースにつきましても出身であります京都大学医学部付属病院歯科口腔外科を紹介させていただきます。

マウスピース(スポーツ)

当院ではスポーツ用のマウスピースとしてアンダーアーマーの公式プロバイダー契約を結んでおります。そのため、デンタル版のアンダーバイトを製作することが可能です。
http://armourbite.jp/に詳細は書かれていますが、簡単にご紹介させていただきます。
スポーツ用のマウスピースは、市販のお湯で溶かして作るタイプを良く使用されている方を拝見しますが、しっかりと歯列全体を覆うことが大切になります。
しかし、歯列の大きさや歯並びは人それぞれ違います。そのため、市販のマウスピースでも大丈夫な方とそうでない方がいらっしゃいます。
特に親知らず等が存在している場合は、そこまで覆うことが不可能なことが多々あります。
そのような場合、なにが問題になるかというと、マウスピースに覆われていない歯が伸びてくることがあります。すると、かみ合わせが変化したり、顎の関節に障害がでてきます。
今使用しているマウスピースが本当にフィットしているのかを専門の目で一度確認してもらうことをお勧めします。
当院では、アンダーバイトだけでなく一般的なスポーツ用のマウスピースも製作しております。色も20種類から選んでいただけます。コンタクトスポーツをされる方は特に使用することをお勧めします。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F