よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 口腔外科

Question親知らずは痛くなくても抜いたほうがいい?

Answer

場合によっては抜いたほうが良いときもあります。
レントゲンを撮ってみると、あごの奥深くげ眠っている親知らずが見つかることがあります。
完全にあごの骨に埋まっている場合や完全に顔を出している場合は炎症を起こすことが少ないので痛くないのであれば、放置していても差し支えないでしょう。
斜めになっている場合や半分だけ頭を出しているような場合は、炎症を起こす可能性が高いのですが、口腔内のケアがしっかりとできているおかげで炎症が軽くすんでいる方もいらっしゃいます。
ただしずっと問題なく過ごせるともかぎりません。
病気や寝たきりで口腔内のケアが十分にできなくなったり、薬やストレスの影響で口が乾燥したりするようになったとたんに痛みだすこともあります。
また、糖尿病や人工透析、免疫抑制剤、などで抵抗力が弱くなると、親知らずの抜歯にともなう炎症リスクも高まります。
そうなる前に、抜歯をしておくのも一つの考えです。
親知らずの状態が気になる方は一度京都市中京区MOVIX前のアキヤマ歯科医院へご相談ください。
当院では全給水システムに消毒水を使用するなど衛生管理に努めています。抜歯後の感染リスクを減らすことが可能です。また、他院では抜歯が難しいといわれた方の抜歯も積極的に行っております。
CTを導入しているため、神経との距離や根っこの状態などをその場で確認し、安全に抜歯を行います。
水平埋伏等の抜歯は当日予約に空き枠がある場合のみ可能です。一度お電話にてお確かめください。
075-213-3339 どうぞよろしくお願いします。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F