よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Question虫歯になると歯が痛くなるのはなぜ?

Answer

歯の中には、神経が存在しています。
虫歯になり、歯が解けていくと、その神経に近づきます。
そうすると冷たいものでしみるようになります。
痛くなりだしたときに歯科に来ていただけると神経を助けることができることもあります。
神経を助ける治療ができた際は、木で言う栄養を送る導管師管を保存できたことになります。
神経を残念ながら保存できない場合は神経の処置をしないといけなくなります。
その場合、栄養を送る管を防腐剤で封鎖します。
栄養がある歯は強い力などに耐久力がありますが、栄養をなくした歯は月日とともに水分が抜けていき枯れ木と同じ状態になるので、強い力で割れるようなこともあります。
当院では、できる限り神経を保存する治療をおこなっております。残念ながら神経の処置を行う際も無菌的な治療で、長く持たせることができるように努力させていただいています。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F