よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 その他

Question睡眠時無呼吸症候群について 医科でマウスピースをつくるようにいわれたけど・・・

Answer

睡眠時無呼吸症候群という言葉をきいたことがある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
簡単に言えば寝ているときに息が止まる現象です。
寝ていて息が止まることは誰しも起こることではありますが、その止まっている回数と時間が問題になります。
息がとまっている状態が長く続くと酸欠状態になるため、日中の活動しているときも突然眠気が襲います。
そうすると寝落ちしてしまい、運転中にそのようなことが起こると無意識で事故を起こすということもあります。
社会問題になったこともあるためニュースなどで聞いたことがあるかたもいらっしゃるとおもいます。
睡眠時無呼吸を測る指数としてAHIというものがありますが、その指数にのっとり、マウスピースの適応かもしくは、CPAPといわれる陽圧換気を行う機械が必要かを判断する必要性があります。
当院では近隣の耳鼻科の先生や睡眠外来をおこなっている病院とも連携しておりますのでご安心ください。しっかりとした検査を行い、正しい診断のもと患者様にあった治療法を見つけることが大切です。
そのため、当院ではAHI指数にのっとり、専用の睡眠時無呼吸用の専用マウスピースの制作も行っています。
院長自身が京大病院口腔外科勤務時代に睡眠外来にてマウスピース制作にも多く携わっておりましたのでご安心ください。さまざまなお口の中の状態の方に対応させていただいておりました。
睡眠時無呼吸が改善すると睡眠の質がよくなり体に目で見る変化が起こります。
睡眠時無呼吸症候群でお困りの方、マウスピース制作を医科病院などで勧められた患者様はぜひ一度アキヤマ歯科医院を受診いただけたらと思います。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F