よくある質問 - 詳細

よくあるご質問一般歯科

Question歯の神経や根の治療期間中に痛くなった。

Answer

軽度であれば心配いりませんが、症状が強ければ治療が必要となります。
歯髄は歯の先端の穴を通って顎の骨の中の神経や血管とつながっています。
根の治療をすると根管のなかの細菌が押し出されることがあります。
するとからだが細菌と戦おうとして免疫反応が起こり、その結果、歯が浮くような感じや、軽い痛みが起こることがあります。
このような症状は、根の先に病巣がある人に比較的よく見られます。
多くの場合、数日から1週間程度で自然に治るので心配いれません。
しかしながら、ズキズキした強い痛みや噛むと痛い、歯茎が腫れるなどの症状がある場合は、治療が必要です。
急性発作ともいわれ、数パーセントの割合で起こります。
根管内を洗浄し、膿みを出す道を確保するために歯茎を切開したりすることもあります。
患者さんには細菌を殺すために抗菌薬と症状を和らげるための鎮痛薬を内服してもらいます。
疲れているときに起こりやすいので治療中や治療後しばらくは睡眠を十分にとり体調を整えるようにと説明させていただいております。
根の治療でお困りの際はぜひ一度アキヤマ歯科医院にご相談ください。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F