よくある質問 - 詳細

よくあるご質問一般歯科

Question歯の根の治療について

Answer

歯の根の治療は歯内治療や根管治療とも言われます。
歯内治療とはまさしく歯の内部の治療のことです。歯の内部には、歯髄といわれる神経と歯髄の通っている根管が存在します。
この管の中の治療は根管治療といわれます。
歯内治療の基本は2つです。
1.歯髄の近くにまで到達したむし歯を治療、歯髄に炎症がある場合は薬剤をおいて回復させる治療
2.局所麻酔をして神経を抜く治療(抜髄)または細菌が入り腐った神経を取り除き、根管内をきれいに掃除する治療(感染根管治療)や以前に治療された根管を再度詰め物をはずす治療(再根管治療)

当院では、抜髄などの根管内を触る治療の際は根管内をきれいに保つためラバーダム治療を行っています。
そうすることで口腔内の唾液や雑菌が根管内に入らないようにしています。
 

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F