よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Question最近こどもの歯の色が変わってきた。

Answer

最近子供の前歯の色が変わってきたという質問を良く受けます。
子供の歯の色が変わって行く理由にはたくさんあります。
年長さんなどの場合は大人の歯が生えてくるときに子供の歯を溶かしていくので栄養がなくなり、歯が揺れてきます。その際には歯は黒っぽくもしくは赤っぽくなります。
お茶を良く飲むなどで、単純に歯が黄色っぽくなる方もいらっしゃいます。
これらの症状の場合は生理的な症状なので、対応は簡単です。
しかし、難しいのは、年少さんなどのまだ歯の交換期にしては早いときに上の前歯二本が色が変わってきた場合です。
こどもさんは大人の知らないところで良く転んだり、前歯をぶつけたりしています。最初は何の症状もなくても気づくと、歯の中で神経が腐ってしまうこともあります。
そのような場合は、神経の処置をしないといけなくなります。
レントゲンなどで精査するとわかることがほとんどです。
初期の段階の場合は、歯の色が変わったとしても経過観察すると色がもどってくる場合もあります。
どちらにせよ一度歯科医院で早めのチェックが必要となりますので、ぜひ一度ご相談ください。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F