よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Question昔の人はどうやって歯磨きをしていたの?

Answer

江戸時代は木の枝の端をすいて歯の掃除をしていました。
歯磨きの文化はインドで始まったといわれています。釈迦が弟子に仏前で経を読む前などに木の枝を使って歯の掃除をすることを指導したと伝えられています。
日本では、江戸時代に(房楊枝)が使われていました。
小枝の片端を針ですいて房状にしたもので、もう片端はつま楊枝のようにとがらせてあります。その様子は浮世絵にも残っています。
いまの歯ブラシのような形で庶民に広まったのは大正から昭和初期で歯ブラシの大手メーカーライオンではブラシの柄には牛の骨を毛には豚の毛を使っていました。
現在の歯ブラシは改良がくわえられ、むし歯になりやすい人に使うものや歯周病になりやすい人に使うものなどさまざまな形状のものが販売されています。
最近では東急ハンズやロフトなどに行くと大量の歯ブラシが展示されています。
しかし、患者さんひとりひとりが自分に合った歯ブラシを使えているのかというとどうしても市販の安いもので十分と思っているかたも多いようです。
もちろん市販の歯ブラシであってもちゃんと歯ブラシの当て方ができていれば問題ありません。
当院ではベテランの衛生士が常駐しております。患者さんひとりひとりにあった歯ブラシと歯ブラシの当て方まで丁寧に指導させていただきます。
また電動歯ブラシのお使いの方にもただしい使い方を指導させていただきます。
むし歯や歯周病がすすまない口腔環境を作るのに一番大切なことは歯ブラシをちゃんとできるような環境と方法を知ることであると思っております。
どうぞアキヤマ歯科医院にお越しいただきいままでとは一味違う指導をうけていただけましたらと思います。
よろしくおねがいします。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F