よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 小児歯科

Question子供の歯並びが悪い。矯正治療を考えたほうが良いか?

Answer

子供の歯並びが気になるときは、その子供さんの年齢と歯並びの種類によって治療をすぐ始めた方が良い場合と少し様子を見た方が良い場合があります。
とくに前歯部の咬み合わせが反対になっている場合は早い段階で矯正治療を開始することをおすすめします。
本来上あごが下あごより大きいのが普通ですが、それが逆転しているということはやはり、顎の成長に影響を与えることになります。
子供さんが8-11才ではちょうど前歯の生え変わりが終わり横の歯のならびが変わってきます。
このときに咬合床などで側方に拡大することが大切になることもあります。
子供の顎の成長期では歯の動きも早いので、矯正治療の効果があります。
しかし、歯の生え方によってはしばらく様子をみてから抜歯になるケースもあります。
治療をしなくても定期的に経過観察することで子供の将来歯並びがより正確に予測できるようになります。
歯並びでおこまりの方はぜひ一度ご相談いただけましたらと思います。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F