よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Question入れ歯の洗い方について

Answer

毎日の歯磨きを欠かせないように入れ歯も毎日の洗浄が必要です。
基本は水洗いで十分ですが、汚れをしっかりと落とすことが大切です。
特に安定剤などを使用されると粘り気が強く取りずらいことも多いです。
そのような汚れを放置しているとカビが増殖します。そして、肺炎の原因にもなりかねません。
また、洗う際に多いのがうっかり落としてしまい、入れ歯を割ってしまうことです。下に洗面器を置くか、ステンレスの流し台で洗うことをお勧めします。
義歯用ブラシならもっと効率的に清掃できます。寝る前に入れ歯を洗い、コップに入れた水に漬けておく習慣を身につけてください。
その際、心配な方は義歯洗浄剤を使用していただいてもかまいません。義歯洗浄剤には汚れを落とすほか除菌やにおいを取る働きがあります。水洗いで十分なのですが、見えない汚れや細菌まできれいにしたい匂いが気になるという方にはおすすめです。
大切なことはしっかりと洗うということです。
歯磨き剤を歯ブラシにつけて磨くことはおすすめできません。
なぜなら歯磨き剤には含まれている研磨剤によって入れ歯を傷つけてしまうからです。
また、熱いお湯で洗ったり、熱湯消毒したりするのもやめてください。
口の中の形に合わせて咬み合わせも調節した入れ歯が変形するかもしれません。
のこった歯や口の中に対しても清潔にする心がけが必要です。
入れ歯の洗浄について述べてきましたが、自分の口の中の洗浄も心がける必要があります。
部分入れ歯の人はのこっている歯の歯磨き、フロス、歯間ブラシによるケアを怠らないようにしましょう。
のこっている歯をしっかり維持することが大切です。のこっている歯の掃除がわからない場合は当院衛生士がしっかりと指導させていただきます。
また、総義歯で歯が一本もない方でも口をしっかりとゆすぐことは大切です。匂いが気になるときは舌苔を歯ブラシや専用のブラシで落とすことも大切です。
入れ歯を綺麗にする以上に口の中の状態も清潔に保つことは必須となります。
当院ではお手伝いをしっかりとさせていただきます。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F