よくある質問 - 詳細

よくあるご質問一般歯科

Question入れ歯にはどんな種類があるの?

Answer

入れ歯には、金属やシリコン床、ひっかける金属が目立たないものや磁石などで固定させるものなど保険外のものも存在します。
入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。
いずれのものにも、床といわれる歯肉にあたる部分と人工歯がのる部分とから構成されています。
総入れ歯はこの床が歯肉に吸い付くようにつくられています。
一方 部分入れ歯はクラスプと呼ばれる金属のバネを近隣の歯にひっかけることで作られています。
そのような違いはありますが、保険ではその床といわれる部分が割れないように分厚いレジンといわれるプラスチックでできています。
このレジン床は口の中の形状が変化した場合などに、修正がしやすいという利点がある一方で、分厚く、熱が加わりにくく味が感じないなど欠点が多くあります。
部分入れ歯ではそれに加えて、ひっかける金具が金属で目立つという欠点があります。
こうした点を気にするかたのために、自費の入れ歯が存在します。
まず代表的なものに金属床のものでは、床が金属なのでかなり薄く仕上げることができ食べたときに熱が伝わることでおいしく食事ができるという利点があります。
入れ歯を入れると痛いという方には内面がシリコンでできた義歯や金属のクラスプが存在しないノンクラスプデンチャーや磁石を残っている歯やインプラントにつけることで落ちない入れ歯を作ることができます。
当院では積極的にそのような入れ歯も制作しております。
京都で入れ歯でお困りの方はぜひアキヤマ歯科医院にお任せください。
一度相談していただけましたらと思います。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F