よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 ホワイトニング

Questionプロのクリーニングで歯を白くすることはできるの?

Answer

定期的にクリーニングを行えば、着色汚れのつきにくい歯に保てます。
飲食物などによって歯についた着色汚れは毎日の歯磨きである程度は落とすことが可能です。しかしながら、どんなに丁寧に磨いたとしても人によって磨き方に癖があるため、磨き残しの部分が必ず出てきます。
磨き残しを放っておくと、歯がくすんだり、着色汚れがこびりついて歯が汚く見えることがあります。
自分では取りきれていない汚れを取り除くのに有効なのが、歯科医院で行う、歯のクリーニングです。
歯科医院でおこなう歯のクリーニングのことをPMTC(PROFESSIONAL MECHANICAL TOOTH CLEANING)といいます。
PMTCは歯科医師や歯科衛生士などの専門家が専用の器具を使用し、口の中の歯垢(プラーク)や着色汚れなどを取り除くことを目的にしています。
仕上げ磨きでツルツルの歯に。
まずどこに磨き残しがあるか、口の中を丁寧に確認しましょう。
そして磨き残し部分を切れに掃除するためのブラッシング指導をします。
次にスケーラーというカギ状の器具などを使用し歯石を除去します。
さらに電動のポイントブラシやゴム製の三角チップ、カップ状のチップなどを使って、歯と歯の間や歯の表面の汚れを徹底的に掃除します。
歯の表面を磨くのに汚れ具合に応じて研磨剤の種類を変え、最後により粒子の細かい研磨剤を使ってツルツルに仕上げます。
これが一般的なPMTCの流れです。その他フッ素塗布や知覚過敏処置などを患者様の口腔内に応じてさせていただいております。
施術時間は45分ぐらいです。保険適用のもの自費適用のものの二つがあります。
綺麗な歯を保つことでむし歯や歯周病に強い口腔内をつくることができるのです。
特にトラブルのない健康な歯でも顕微鏡レベルで観察すると表面はザラザラしているものです。
仕上げ磨きでツルツルの状態にしておくと着色汚れもつきにくくなります。
そのため当院では治療後の定期的なPMTCをお勧めしております。むし歯や歯周病に対する予防効果も期待できるのです。
PMTCを受ける頻度については当院ではセルフケアの上手下手などによって患者様一人ひとりにあった期間を提案させていただきます。
三か月から半年に一度目安に受診をしただけるとよいのではないでしょうか。心配な患者様は一度ご相談いただけましたらとおもいます。
結婚式やイベント前のPMTCなども写真映りに影響があるとのことです。
どうぞアキヤマ歯科医院をよろしくおねがいします。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F