よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Questionフッ素やキシリトールは歯にいいのはなぜ?

Answer

フッ素は歯質を強くします。歯の表面は再石灰かと脱灰を常に起こしています。それは唾液の力を借りています。
カルシウムが溶け出す脱灰が再石灰化よりも多いと歯は弱くなります。
フッ素には歯からカルシウムが溶け出すのを抑えてくれ歯を修復する作用があります。エナメル質の成分であるヒドロキシアパタイトの結晶を酸に強いフルオロアパタイトにするのです。
また、フッ素はむし歯菌が餌とする糖を取り込むのを邪魔します。
キシリトールは白樺から抽出され、カロリーの低い天然素材の甘味料です。
むし歯菌は餌としてキシリトールを取り込んでも自分の中でエネルギーにかえることができず弱まるのです。
この力を活用するには、キシリトール入りのガムを一日3-5回噛むと良いとされています。
また、歯科医院で販売しているキシリトールガムは100%キシリトールが含まれていますが、市販のものは30%程度しか含まれていないものも多く、注意が必要です。
当院では、ガムに抵抗のある方にはトローチのようなタブレットもあるためぜひご相談くさい。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F