よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Questionシーラントをすればむし歯にならないの?

Answer

むし歯予防策として期待は大きいです。
しかし、注意を怠ればむし歯はできてしまいます。
奥歯の溝は複雑な形態をしています。なかでも6歳臼歯は歯ブラシが届きにくく、6歳臼歯は歯ブラシが届きにくくむし歯になりやすいところとして知られています。
6歳の時に生えてくる上、一番長い間、生涯使う歯であるためとても大切な歯といえます。
そこで、こうした奥歯の溝を薄いプラスチックのような材料で埋めてむし歯を予防するものがシーラントです。
フッ素をゆっくりと徐放することで歯を強くしてくれる作用もあるためレントゲンでしか見つかりずらいむし歯を予防することができるようになってきました。
当院でもお子様に実施しておりますので、是非ご相談いただけたらとおもいます。
なお、シーラントをした後もしっかりと定期健診でチェックが必要です。
シーラントの下にもまれにむし歯ができることもあります。
日頃の歯磨きは大切です。
どうぞよろしくおねがいします。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F