よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 インプラント

Questionインプラントは何本まで埋めれるの?

Answer

インプラントの説明をしている時に良く受ける質問です。
例えば、4本連続して歯を失った際に喪失した数の4本のインプラントを埋入する必要があるのか。答えはNOです。2本から3本で十分なこともあります。
インプラントを利用したブリッジが可能だからです。
わかりやすい例では、上下に1本も歯がなくて困っている方はたくさんいらっしゃいます。総入れ歯が合わなくてインプラントにしてみたいと来院される方もいらっしゃいます。
しかし、すべての歯をそろえようとすると、上下14本ずつ計28本必要となります。つまり、まったく歯のない方が、すべての歯を作ろうとしたら、それだけの本数が必要となるのです。それだけの数をインプラントを埋入するとなると費用もすごいことになります。
そもそも、そんなにも多くのインプラントを埋め込むことができるのでしょうか。インプラントの歴史は浅く、初めてこの世の中にインプラントという治療が開発されてから世界で初めてヒトに植えられたのが1965年頃といわれています。
その当時は、歯の数だけ埋入が必要といわれていた時代もありましたが、昨今はインプラントの周囲の骨が下がったり、インプラント周囲に歯周病が生じたりすることが発見されてきました。
そのような事象が生じることで、インプラントとインプラントの間には必要な距離が解明され、そんなにたくさんのインプラントを埋入する必要はないことがわかってきました。
もちろん力学的に耐久性を考えて必要な数を埋入する必要がありますが、最小の数では上下4本ずつで無歯顎の状態からインプラント補綴だけで仕上げALLON4という概念もでてきたほどです。
個々の患者さんによって骨の状態や咬合力などでインプラントの埋入できる場所や本数も変化します。
当院ではCTを用いることで患者さん個人個人にあった治療計画をたてさせていただきますので、一度ご相談いただけましたらと思います。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F