よくある質問 - 詳細

よくあるご質問一般歯科

Questionむし歯にはどんなものを詰めるの?

Answer

悪い部分を削り取り、空いたところに詰め物をするのが、むし歯の基本的な治療法です。
そのときに詰める材料には様々なものがあります。
一番小さなむし歯などでは、主にコンポジットレジンといわれる歯科用のプラスチックが多いです。
成分は85%がセラミック粒子(フィラー)で残りの15%がそれを固めるために配合された樹脂です。
このセラミック粒子の形や大きさを変えることでコンポジットレジンの性質を流れの良いものやペースト状のものにして前歯や奥歯に使用するものを分けているのです。
むし歯が大きくなると保険ではインレーといわれる型取りをして後日装着となる金属が入ります。金属の材質としては12%金銀パラジウムとなります。
最近では自費になりますが、型取りをするインレーでもセラミックや人工ダイヤのジルコニアでも同じように詰めることができるようになりました。
昔ではセラミック強度に問題がありましたが、現在は鋳造タイプのセラミックも出来たため強度の問題はなくなりました。
コンポジットレジンにおいても色をより自然に見せることができるダイレクトボンデイングという手法もあります。
当院ではこれらの特殊なインレーも取り扱っておりますので、1度アキヤマ歯科医院にご相談いただけましたらと思います。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F