よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Questionむし歯が原因でからだの病気になることはあるの?

Answer

むし歯菌や歯周病菌がからだにひりこむと病気を引き起こすこともあります。
口の中にはむし歯、歯周病菌をはじめとした多くの細菌が住み着いています。
その細菌がむせたりして気管から肺に入ってしまったり、歯茎や歯の根の先端から血管の中にはいって全身に回ったりすることで怖い病気になってしまうことがあります。
たとえば、誤嚥性肺炎、動脈硬化症、心内膜炎、低体重時出産、糖尿病などがあります。
口腔内の歯垢やバイオフィルムはむし歯菌や歯周病菌の集まりです。特に歯周病菌はからだに悪さをする内毒素を出す細菌です。
歯周病菌の内毒素が血管を通してからだ中にまわると炎症のくすぶりが慢性的に存在することになります。
その人の生活習慣病と結びついたり局所で発症したりすると、上記のような病気になるのです。
口腔内の日ごろのケアが大切になることが良くわかります。
当院では、口腔ケアを定期的にすることで上記の病気にかかりにくい体質改善のお手伝いをさせていただいております。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F