よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 マタニティ歯科

Questionこどもを産むと歯がダメになると聞いた。

Answer

妊娠すると赤ちゃんにカルシウムがとられて歯がわるくなる。
こんなうわさを聞いたことがある人も少なくないでしょう。
しかしそのうようなことは断じてないと言えます。
妊娠中はつわりなどで体調を崩しがちです。口の中に歯磨き粉を入れただけで気分が悪くなる場合もあります。またホルモンのバランスも崩れがちのため細菌が一番多いお口の中で妊娠性の歯肉炎といわれる症状も出やすいのです。
また、出産後は24時間赤ちゃんの世話に追われ自分のことが後回しになりがちです。昼夜も逆転してしまいいつ歯磨きをしていいかもわからなくなるといわれる方も多くいらっしゃいます。
そのため、妊娠中から産後は歯のケアがおろそかになり、口の中の環境が悪化する女性が多いのです。
スウェーデンでは、妊娠期、つまりあかちゃんが生まれる前から歯の教育が開始するといわれています。
日本でも妊婦歯科検診を行う自治体が増えてきました。京都でも母子手帳にちゃんと妊婦健診の項目が存在しています。
妊娠中こそ歯科医院に来てプロのメンテナンスと教育を受けてほしいと感じています。そうすることで生まれてくる赤ちゃんの歯を守る一歩になりますし、妊婦さん自身もすっきりした気持ちになれると確信しております。
当院では妊娠中の患者さまも多く来院されています。口腔内のメンテナンスについてはもちろんのこと、生まれてくる赤ちゃんがいつごろから歯医者さんのケアを必要とするかなど丁寧に指導させていただきます。
安心して来院していただけたらと感じます。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F