よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 その他

Questionこどものときに矯正治療をすれば永久歯矯正はしなくてもいいの?

Answer

こどもの矯正治療は、混合歯列期の1期治療と永久歯にすべて生え変わった後のⅡ期治療に分類されます。
(一般的な認識では、子供の矯正治療を行う時期は、大人の歯と子供の歯が混在する混合歯列期という時期が多いように思われます。)
年齢でいうと1期治療は小学生のころである6歳から12歳です。2期治療はそれ以降となります。
1期治療は主に成長を利用する方法となり子供にとって負担の少ない床装置や前歯部だけにブラケットを使用する2*4治療などがあります。主に咬合誘導というかみ合わせをある程度良い位置にもってくる方法となります。
2期治療は基本大人の矯正治療と同じ方法となります。
1期治療で機能的にも審美的にも満足いく結果が得られるなら2期治療に進まなくてもよくなります。
そうなれば一番良いのですが、成長段階の1期治療で絶対永久歯矯正が必要ないとは断言できないのも事実です。
しかし、1期治療でしっかりとスペースをつくることや歯のがたつきをある程度とることができている場合は2期治療の期間が大きく短縮できるということは断言できます。
まずは、1期治療の際での診断が大切になります。
お子様でもし矯正治療を考えていらっしゃる方は一度ご相談いただけたらと思います。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F