ブログ 詳細

2017/02/18

皆様こんにちは。衛生士の中村です。

昨日は処方タイプの歯ブラシについての勉強会と補綴設計についての勉強会に参加してきました。

朝は滋賀県栗東まで車で行ったのですが、歌いながら運転してしまったせいで到着した頃にはクタクタになっていました。

さて、たまには真面目な話をと思い、今日は歯ブラシについてお話しします。

皆様は歯ブラシをどのように選んでいらっしゃいますか??

安いから?高いから?見た目がかわいいから?昔から使ってるから?家にあるもの??色々な理由で今の歯ブラシを使用されてることと思います。

現在、市販品を含むと沢山の歯ブラシが売られていますが、自分に合ったものをお使い頂けてますでしょうか??

実はお口の状態に合わせて歯ブラシを選ばなければならないこと、皆様はご存知でしたか???

例えば歯茎から出血している状態で使うブラシ(before)、出血が収まった状態で使うブラシ(after)とその状態に合わせて歯ブラシを替えていく必要があります。

歯ブラシは毛先の形状、ブラシの幅、固さ、植毛の仕方、、などさまざまな選択項目をみなければいけません。。

自分で選ぶのが苦手な方、どれがお口の状態に合ったものか分からないと悩んでいらっしゃる方、ぜひ、1度ご相談下さい♪

そして、自己流で歯ブラシを選ぶのは卒業し、お口に合ったものをお使い頂ければと思います

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F