よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Question歯周病はこどもや若い人でもかかるの?

Answer

20代でも約7割の方が歯周病にかかっていると言われています。
しかしながら若い方の歯周病といっても歯茎のみが腫れている歯肉炎といわれる状況がほとんどです。
とくに高校生の歯肉炎が多いことが言われています。思春期などで親の目が歯ブラシまでいかないことが大きな原因とも言われいています。
しかし、この歯肉炎が放置しておくと30代から40代で歯周炎といわれる骨を溶かす状態に移行していきます。早いうちに歯を失う危険がでてくるのです。
若いうちから歯科医院に通い、歯肉炎を治す意識を高めたいものです。
一方で、若い人がかかる歯周炎もまれにあります。侵襲性歯周炎というもので、比較的年齢の若いうちに重症化する歯周病です。
急激に歯槽骨が失われるなど、進行がとても速いことが特徴です。
歯垢があまりついていなくても症状がでることもあります。
また遺伝性のパピヨンルフェーブル症候群などの歯周病では乳歯の段階で発症します。
前述したような一般的な歯周病は慢性疾患のためじわじわと症状が進みますが、侵襲性歯周炎や遺伝性の歯周病などは急速に進む歯周病です。
どちらも非常にまれなケースですが、子供の歯から出血がある場合や歯磨きをこまめにチェックすることや独特な口臭で気づくこともあります。
早めの治療が大切になりますので、少しでも気になる症状をお持ちのかたは歯科医院の受診をお勧めします。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F