よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 インプラント

Question歯を支える骨がなくてもインプラントはできるの?

Answer

骨を再生させたり移植をすることでインプラントをできる環境にすることが可能です。
歯周病などで歯を失うと歯を支えている骨も一緒に失っているケースがよくあります。
そうなると骨は痩せ細ってしまっており、そのままではインプラントを埋入することができないのです。
以前は、骨量が十分ない場合は、インプラントを断念せざるを得ませんでした。
しかし現在は骨を再生させたり、移植する方法が普及し、より多くの方が利用を受けることができるようになりました。
骨を増やす方法には、骨移植やリッジエクスパンジョン、サイナスリフトやソケットリフト、そして骨再生誘導法など様々あります。
アキヤマ歯科医院ではすべての可能性を視野に治療を行っております。残念ながら歯を抜かなくてはいけなくなった際も増骨という骨が減らないようにする方法も行っております。
骨移植では自分の骨を骨量が足らないぶぶんに移植する方法でオトガイ骨や下顎骨の智歯が存在した部位などから採集します。
サイナスリフトやソケットリフトは上顎骨の上顎洞という空洞にアプローチする方法です。この部分の骨が少ないとインプラントは突き抜けてしまいます。
その際に上顎洞側に骨を追加することでインプラントを埋入することができるのです。
これら技術は口腔外科の知識が必要となります。
そのため当院のような施設に紹介がくることも良くあります。
ぜひ、そのような処置が必要と言われたことのある方や心配に思っていらっしゃる場合は一度ご相談いただけましたらと思います。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F