よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 口腔外科

Question抜く必要がある親知らずと抜かなくても良い親知らず

Answer

親知らずはちょうど20歳頃になると生えてくる第3大臼歯のことを言います。
良く患者様から抜く必要があるのですか?という質問をうけますのでここでも報告させていただきます。
親知らずには、もちろん綺麗に生えており両方の顎(上下)で噛めている場合は抜く必要がありません。
しかし、現代人は昔の人と違い食生活の変化からも顎が小さいです。そのため綺麗に生えていてもむし歯になっている場合もあります。とくに一番奥の歯がむし歯になってしまうと、治療の機械が届かないこともあるため、否応なしに抜歯ということもあります。
特に上の歯は歯ブラシが届きづらく抜歯になっているケースをよく目にします。
しかしながら、完全に骨の中に埋っているような親知らずの場合はあえて抜く必要がない場合もあります。

抜く時期も大切になることもあります。妊娠中などで親知らずが腫れてしまうとなかなか抜くことは厳しくなります。そのため、妊娠中は痛みとの戦いになっている方もいらっしゃいます。
また、大人の歯が生えてくる際には歯の頭に歯嚢という袋があります。良く乳歯がぬけた際に歯が半分くらい溶けていたのを思い出していただけると思います。そのような歯嚢が長いこと存在すると前の7番目の歯や骨を大きく溶かす(含歯性嚢胞)をつくることもあります。

当院では、診査診断をすることで必要な抜歯と必要でない抜歯についてお話をさせていただいております。また、他院で抜歯が難しいといわれた歯も抜歯をしております。
親知らずの抜歯について疑問がある方はぜひ1度ご相談ください。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F