よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 マタニティ歯科

Question妊娠中に歯茎から出血したら?

Answer

妊娠中はホルモンのバランスの変化にともない、歯茎が腫れやすいことはよく言われます。
心配しすぎず可能な限り口腔ケアを心がけましょう。
歯周病が原因で放出される炎症物質の中には分娩を誘発する物質と似ているものも含まれています。
その影響で、低体重児が生まれたりするという報告もあります。
妊娠中は前述したように妊娠性歯肉炎にかかったり、つわりなどに伴い歯磨きが十分にできないことも多いので、歯周病になるリスクが高まります。
妊娠中でも歯周病の治療やむし歯の治療は可能です。
4-8カ月の安定期になったら一度歯科受診をお勧めします。
また妊娠する前にあらかじめに歯の健康チェックや、親知らずの抜歯などをしておくこともお勧めです。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F