よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科 マタニティ歯科

Question女性のほうが歯周病になりやすい?

Answer

歯周病菌の中には女性ホルモンが大好きな菌もいます。
歯周病の原因となる菌の中には女性ホルモンを栄養源として繁殖する細菌もいます。
この細菌は女性ホルモンのバランスが変わるたびに活動を活発にします。
ホルモンバランスは思春期、妊娠中、そして更年期に大きく変動します。
そのため、この時期は注意が必要です。
思春期に歯肉炎などがあると、口の中の炎症がひどくなることがあり、思春期性歯肉炎といわれます。
妊娠中にあると妊娠性歯肉炎といいます。この妊娠性の歯肉炎は妊婦のお母さんがたからは良く相談を受けます。
一方、閉経を迎える更年期は女性ホルモン(エストロゲン)の減少んいともない骨粗しょう症が進行し、歯槽骨の吸収が進んだり、歯茎の皮がむけやすくなる慢性剥離性歯肉炎が起こりやすいのです。
以上のような状態をすこしでも感じられた場合は、ぜひ一度歯科医院を受診され治療をお勧めします。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F