よくある質問 - 詳細

よくあるご質問一般歯科

Questionラミネートべニアとは?

Answer

ラミネートべニアとは歯の表面を薄く削り、その絵にセラミックを貼り付け、歯を白く見せます。
ラミネートべニアは主に前歯を白くするときに使うことが多い手法です。
ホワイトニングでは希望する白さが得られない場合などに利用されます。
歯の表面は約0.5から0.8mmぐらい薄く削ります。歯型をとり、それをもとに薄いセラミックのシェルを作ります。
そのシェルを歯の表面に接着剤でつけるのです。
歯と歯の間が開いている方には削らずに酸処理だけで接着することもあります。
ラミネートべニアでは仕上がりが自然であることからも歯の色だけでなく形も変えたいという方に向いています。
ご興味のある方は一度ご相談ください。

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F