よくある質問 - 詳細

よくあるご質問 予防歯科

Questionストレスでむし歯になることがある?

Answer

ストレスでむし歯になるというよりは、ストレスに伴い唾液の分泌が減り、むし歯菌が活発になるとむし歯が増えることはあります。
唾液は、くちの中の衛生環境を整える働きをしています。
口の中のPHを中性に保つとともに歯の再石灰化を促すことで殺菌作用によってむし歯や口臭を防いでいます。
ところが唾液の量がへると、口の中が乾燥したり、物が飲み込みずらくなります。これをドライマウスとい呼びます。
そのような状況になるとむし歯菌が活動しやすい環境となります。
いくつかの原因がありますが、ストレスもドライマウスになる原因の一因といわれています。
ストレス下では活動的な時に優位になる交感神経系が働きます。そして唾液を出ずらい環境にするのです。
緊張しているときを思い出していただくとわかるでしょう。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F