よくある質問 - 詳細

よくあるご質問一般歯科

Questionむし歯になるおやつ、ならないおやつはあるの?

Answer

一般的に砂糖をつかっているおやつはむし歯になるリスクはゼロではありません。
しかし、どれだけ口の中に停滞しているかという考えの上では、キャラメルなどのねちゃねちゃした食べ物は、食べている間も飲み込んだ後も口の中にのこっている時間が長く要注意と言えます。
反対にケーキやゼリーなどは食べている最中も、飲み込んだ後も口の中に残っている時間が短く、与えすぎ無ければむし歯にはなりにくいおやつと言えるのではないでしょうか。
チョコレート、ビスケット、ウエハースなどは両者の中間です。
こうした特性を知ることで、上手におやつを与えることがむし歯予防のコツといえます。
キャラメルなどがすべてダメだというわけではなく保護者の目が届くときに量を決めて与えるのは良いと思います。祖父母や友人に子供を預けるなど、保護者の目の届かない時間が長いときは、ケーキやゼリーを持たせるのがいいかもしれません。
おやつの後に歯磨きできれば良いのですが、むずかしいときはお茶を飲ませることで停滞時間を少なくでき、むし歯対策の一定の効果はあるでしょう。
逆に大人の方も無糖のコーヒーや紅茶を飲んでいるからむし歯にならないと思っている方もいらっしゃいますが、一緒に間食としてビスケットなどを食べている場合は、その中にある砂糖分が飲み物に溶け出すので、むし歯のリスクが上がることがあります。
間食の回数や生活習慣にむし歯はかなり影響するため注意が必要です。
気になることなどがあるかたは是非ご相談ください。

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本小児口腔外科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本補綴学会
  • 日本顎咬合学会
  • 京都府歯科医師会
  • 京都市役所
  • 中京区役所
  • インプラント ストローマン

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極通三条下る桜之町406 2F